PKSHA Delta

PKSHA(パークシャ)グループのnote公式ページです。 PKSHAでは、異なる才能…

PKSHA Delta

PKSHA(パークシャ)グループのnote公式ページです。 PKSHAでは、異なる才能(人と人との差分)をデルタと定義し、PKSHAのデルタを活かして社会に大きなデルタを生み出していくという意味を込めています。このnoteでは、PKSHAの様々なデルタを発信していきます。

マガジン

  • PKSHAで働くひと

    様々な個性を持つメンバーがどう仕事に向き合っているか、現場での働き方や雰囲気、キャリア感など幅広くお伝えしていきます。

  • エンジニア・技術記事

    PKSHAグループに所属するエンジニアのキャリアや働き方、技術解説、学会・イベント等の参加レポートなど、幅広くご紹介していきます。

  • PKSHAナラティブ

    PKSHAのVision『人とソフトウエアの共進化』。PKSHAが創る共進化や、共進化構造を創り出す組織カルチャーや想いについて発信していきます。

最近の記事

  • 固定された記事

歴史転換期におけるChatGPTのビジネス活用の展望〜松尾豊教授 × PKSHA代表 上野山勝也 対談〜

プロンプトという「変なもの」、巨大テック企業が「戦闘速度」で競争開始、スタートアップにはチャンスあり 2023年4月4日、東京大学 松尾豊教授 × PKSHA代表 上野山勝也による対談が行われました。OpenAIが2022年11月にサービスを提供開始したChatGPTの可能性はどのようなものか。またChatGPTをめぐり日本企業はどのような態度を取るべきか——それらの問題意識を深掘りした議論の全容をここに公開します。 対談は以下の6つの「テーマ」に関して語り合うスタイルで

    • サマーインターン2023参加者対談ー入社先としてPKSHAを選んだのは、ここでなら目指すエンジニアになれそうだから

      2023 年夏に PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)で 2 週間のインターンを経験し、そこから本選考を受けて内定承諾をした、大学院生の有山さんと浅尾さん。二人はどのようなきっかけで PKSHA のインターンに興味を持ち、実際のインターン期間にどのような経験をし、何を決め手として入社先に PKSHA を選んだのでしょうか。二人が感じる PKSHA について、対談形式でお届けします。 強烈なファーストインプレッションでインターン参加を決意――お二人は大学

      • “三段飛ばしの経験”ができるPKSHAで、幅広い職種に挑戦して見えた景色

        PKSHA Technology(以下、PKSHA)では、人と人との差分を「デルタ」と呼び、デルタを尊重するカルチャーを築いています。一人目の新卒社員として同社に入社した杉山慶人さんは、エンジニア、Biz(事業開発)、PdM、人事とさまざまな職種に挑戦してきました。その道のりでどのような経験を重ねてきたのか、見えてきた景色や今後の展望について聞きました。 「この会社はすごく面白い会社になる」という確信から新卒社員第一号に――PKSHAとの出合いについてお聞かせください。

        • 駐車場×AIから拓ける未来――既存の枠を超えて、運営会社とユーザーに新しい価値を提供していく

          「未来の駐車体験を形にする」をミッションに掲げ、ロック板のない駐車場やスマートフォンから精算できるアプリを展開してきた駐車場機器メーカーの株式会社アイテック。 2019年よりアイテックはPKSHAと連携し、事業展開を進めています。アイテック取締役副社長を務める森川直輝さんと、PKSHAでアルゴリズムソリューション事業本部エンジニアリングマネージャーとアイテック社の執行役員を兼任する三村裕介さんに、アイテックの事業概要と魅力、M&Aの経緯、技術活用の事例、今後の展望や可能性に

        • 固定された記事

        歴史転換期におけるChatGPTのビジネス活用の展望〜松尾豊教授 × PKSHA代表 上野山勝也 対談〜

        • サマーインターン2023参加者対談ー入社先としてPKSHAを選んだのは、ここでなら目指すエンジニアになれそうだから

        • “三段飛ばしの経験”ができるPKSHAで、幅広い職種に挑戦して見えた景色

        • 駐車場×AIから拓ける未来――既存の枠を超えて、運営会社とユーザーに新しい価値を提供していく

        マガジン

        • PKSHAで働くひと
          48本
        • エンジニア・技術記事
          47本
        • PKSHAナラティブ
          13本

        記事

          長期的な視点と本質的な提案を強みとするストラテジックセールス部の立ち上げと展望

          企業のナレッジマネジメントやコミュニケーションの最適化、音声対話領域の取り組みを推進するPKSHA Communication(パークシャコミュニケーション)。同社のストラテジックセールス部では、エンタープライズのお客様と共にAIを使ったプロダクトおよびソリューションを進化させていくべく、セールスチームの体制強化に努めています。 これまで大手外資系銀行を起点としてキャリアを重ね、2023年10月に入社してストラテジックセールス部を立ち上げた井迫雄次郎さんに、これまでの道のりや

          長期的な視点と本質的な提案を強みとするストラテジックセールス部の立ち上げと展望

          NLP2024 @神戸 参加報告

          こんにちは!PKSHA Technology でアルゴリズムエンジニアをしている髙﨑環です。2024 年 3 月 11 日 〜 15 日まで神戸で開催された「言語処理学会第 30 回全国大会 (NLP2024)」に、弊社はプラチナスポンサーとして、アルゴリズムエンジニアの渡邉・佐藤・呉・星野・髙﨑と、人事/広報を担当している内藤の計 6 名で参加いたしました。本記事では、NLP2024 で印象に残った事項を振り返りたいと思います。 大会概要今回は神戸国際会議場で開催されまし

          NLP2024 @神戸 参加報告

          Microsoft AI Tour - Tokyo参加報告

          こんにちは。PKSHA Technology の AI Solution 事業本部にてアルゴリズムエンジニアをしている小川です。2024/2/20(火)に東京ビッグサイトで開催された Microsoft AI Tour に参加してきたのでレポートいたします。 Microsoft AI Tour とはMicrosoft AI Tour とは Microsoft 社が主催する、ビジネスリーダーや開発者を対象とした 1 日限りのイベントです。イベントの中では、最新の AI 活用事

          Microsoft AI Tour - Tokyo参加報告

          顧客起点の営業・マーケティング活動で、PKSHAの魅力を社会に浸透させたい

          企業のナレッジマネジメントやコミュニケーションの最適化、音声対話領域の取り組みを推進するPKSHA Communication(パークシャコミュニケーション)。同社では、プロダクト群の魅力をより広く企業に届けるべく、セールスチームの体制強化やマーケティング戦略の見直しを進めています。 これまでマーケティング・ブランディング領域において第一線で活躍し、2024年2月よりPKSHA Communicationのフィールドセールス部、マーケティング&アライアンス部を率いることにな

          顧客起点の営業・マーケティング活動で、PKSHAの魅力を社会に浸透させたい

          カスタマーサクセスの本質は「経営手段」。既存の枠を超えて価値を提供できるPKSHAのカスタマーサクセス

          エンタープライズを対象に、企業と顧客の間のコミュニケーション接点を最適化すべく、複数のAI SaaSを展開するPKSHA Communication(パークシャコミュニケーション、以下PKSHA)。 2023年9月に入社し、カスタマーサクセスチームのマネジメントを手掛ける和田さんは「課題解決の引き出しの多さがPKSHAの魅力」と語ります。そんな和田さんに、チームのアイデンティティや目指す組織の形、描けるキャリアパスについて聞きました。 顧客に向き合うカスタマーサクセスがした

          カスタマーサクセスの本質は「経営手段」。既存の枠を超えて価値を提供できるPKSHAのカスタマーサクセス

          日本を代表する大企業と最前線で対峙し、課題解決と事業成長を支えられるチームを目指す

          エンタープライズを中心に、AI SaaS製品の提供を通して企業の課題解決を支援するPKSHA Workplace(パークシャワークプレイス、以下PKSHA)。 前職の人材系企業で働く中で感じるようになったコミュニケーション不全の課題に取り組みたいとPKSHAへ入社した久保田 景さんに、これまでの歩みやPKSHAでカスタマーサクセスとして働く魅力について聞きました。 前職で感じたコミュニケーション不全の問題に向き合いたいとPKSHAヘ ――前職ではどのような経験をされたのでし

          日本を代表する大企業と最前線で対峙し、課題解決と事業成長を支えられるチームを目指す

          安定して的確な対応を返す「PKSHA Chatbot」を届けることで企業課題を解いていく

          企業のナレッジマネジメントやコミュニケーションの最適化、音声対話領域の取り組みを推進するPKSHA Communication(パークシャコミュニケーション、以下PKSHA)。 入社以来同社のプロダクトである「PKSHA Chatbot」の開発を担当し、現在エンジニアリングマネージャーを務める中川岳さんは「PKSHA Chatbotは顧客企業のコミュニケーションインフラであり、将来的にもさまざまな可能性があります」と語ります。そんな中川さんに、エンジニアとしてPKSHAで働く

          安定して的確な対応を返す「PKSHA Chatbot」を届けることで企業課題を解いていく

          自ら課題を見つけて手を動かす――裁量ある環境で気付けたPKSHAの「働きやすさ」

          企業のナレッジマネジメントやコミュニケーションの最適化、音声対話領域の取り組みを推進するPKSHA Communication(パークシャコミュニケーション、以下PKSHA)。 大学院卒業後に入社した大手IT企業で技術支援業務を経て転職し、現在はPKSHA Chatbot開発チームのテックリードを担う阿部知史さんに、自ら課題を見つけ取り組むおもしろさやPKSHAの魅力、求める人材についてお聞きしました。 難しくておもしろいと感じられる問題に取り組みたい想いからPKSHAへ―

          自ら課題を見つけて手を動かす――裁量ある環境で気付けたPKSHAの「働きやすさ」

          将来性の高いNLPで社会に価値創出を――幅広い業界のニーズが集まるPKSHAで貪欲に挑み続ける

          「未来のソフトウェアを形にする」をミッションに、業界を横断したAIソリューションの開発や事業開発に挑むPKSHA Technology(パークシャテクノロジー、以下PKSHA)。国内における自然言語処理(Natural Language Processing、以下NLP)領域の研究・開発をけん引し、2017年にPKSHAへ入社した渡邉 陽太郎(わたなべ・ようたろう)さんに、アカデミアから転身の経緯やPKSHAの魅力、NLPの可能性について聞きました。 「NLP技術の進化をい

          将来性の高いNLPで社会に価値創出を――幅広い業界のニーズが集まるPKSHAで貪欲に挑み続ける

          急速に進化するAI領域で、お客様と共に成果を生み出す醍醐味を味わえるカスタマーサクセス

          エンタープライズを中心に、AI SaaSの提供を通して企業の課題解決を支援するPKSHA Workplace(パークシャワークプレイス、以下PKSHA)。 3社で新規営業やカスタマーサクセスを経験後、2023年6月にPKSHAに入社した坂本珠里さんは「お客様の課題と向き合い、成功に向けてリードすることが、結果的に成果や評価に結びついていくのが楽しい」と語ります。そんな坂本さんにPKSHAでカスタマーサクセスとして働くことの面白さを聞きました。 AI領域で社会実装を深めてい

          急速に進化するAI領域で、お客様と共に成果を生み出す醍醐味を味わえるカスタマーサクセス

          未来のソフトウエアを作る開発チームの紹介 〜PKSHA Chatbot 篇〜

          PKSHAグループでは、社会課題の解決のため、自然言語処理、音声認識技術等のAIを用いて、多くのユーザーが利用可能な PKSHA AI SaaS というプロダクト群を提供しています。PKSHA が Research や AI ソリューション事業により長年培ってきた技術、蓄積した業界ノウハウを活用したソフトウェアを、SaaS として手軽に導入することができます。この記事では、PKSHA AI SaaSプロダクトの1つである、PKSHA Chatbot の運用開発チームについてご

          未来のソフトウエアを作る開発チームの紹介 〜PKSHA Chatbot 篇〜

          セールス&エンジニアでつくった「AI セールスイネーブルメント」 ――未来のセールスオペレーションを実現するドッグフーディング成功事例

          PKSHA Workplaceは「AI-Powered Future Work」をビジョンに掲げ、誰もがAIに触れ、AIが日常業務に溶け込む未来の働き方について日々検討しています。お客様にとってより良い環境を実現するためには、社内において未来の働き方を模索できる場があることが重要であると考え、プロダクトの将来的な提供価値を探索するMinsky (ミンスキー)チーム(※)という部隊を昨年発足しました。同チームは、ドッグフーディング体制を確立し、独自の取り組みを推進しています。

          セールス&エンジニアでつくった「AI セールスイネーブルメント」 ――未来のセールスオペレーションを実現するドッグフーディング成功事例