PKSHA Delta

PKSHA(パークシャ)グループのnote公式ページです。 PKSHAでは、異なる才能…

PKSHA Delta

PKSHA(パークシャ)グループのnote公式ページです。 PKSHAでは、異なる才能(人と人との差分)をデルタと定義し、PKSHAのデルタを活かして社会に大きなデルタを生み出していくという意味を込めています。このnoteでは、PKSHAの様々なデルタを発信していきます。

マガジン

  • PKSHAで働くひと

    様々な個性を持つメンバーがどう仕事に向き合っているか、現場での働き方や雰囲気、キャリア感など幅広くお伝えしていきます。

  • エンジニア・技術記事

    PKSHAグループに所属するエンジニアのキャリアや働き方、技術解説、学会・イベント等の参加レポートなど、幅広くご紹介していきます。

  • PKSHAナラティブ

    PKSHAのVision『人とソフトウエアの共進化』。PKSHAが創る共進化や、共進化構造を創り出す組織カルチャーや想いについて発信していきます。

記事一覧

多様な専門性を持つ組織の中で、自分なりの強みを発揮できる"フォーム"を確立していく

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)のアルゴリズムソリューション事業本部は、企業や社会の課題解決のためにアルゴリズム技術を活用したソリューションを開発・提…

PKSHA Delta
2年前
18

テクノロジーとビジネスの共創から生まれる、PKSHAならではの新規事業開発

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は「未来のソフトウエアを形にする」をミッションに掲げ、解決する領域に応じて複数事業を展開しています。それら全体を見渡した…

PKSHA Delta
2年前
32

エンジニアリングマネージャーから見たPKSHAの魅力とチャレンジ

PKSHA Technology(以下、PKSHA)は事業におけるエンジニアの重要性が高く、エンジニアのスキルが発揮される場面の多い環境です。そういった環境下で、主にマネジメントの…

PKSHA Delta
2年前
17

探究心を満たし続けられる環境で、プロダクトサクセスにこだわり続ける

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は「未来のソフトウエアを形にする」をミッションに掲げ、PKSHA Workplaceという軸から新たなプロダクト開発と事業スケールに…

PKSHA Delta
2年前
15
多様な専門性を持つ組織の中で、自分なりの強みを発揮できる"フォーム"を確立していく

多様な専門性を持つ組織の中で、自分なりの強みを発揮できる"フォーム"を確立していく

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)のアルゴリズムソリューション事業本部は、企業や社会の課題解決のためにアルゴリズム技術を活用したソリューションを開発・提供するチームです。そのアソシエイトパートナーとしてお客様の課題と解決する技術を結びつける役割を担う南 正人さんに、コンサルティングファームからの転職経緯と、コンサルタント経験者が感じるPKSHAの魅力について聞きました。

もっとみる
テクノロジーとビジネスの共創から生まれる、PKSHAならではの新規事業開発

テクノロジーとビジネスの共創から生まれる、PKSHAならではの新規事業開発

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は「未来のソフトウエアを形にする」をミッションに掲げ、解決する領域に応じて複数事業を展開しています。それら全体を見渡した経営企画と、新規事業として走りはじめたPKSHA Communicationの新規ビジネス開発に携わる大野 紗和子の視点から見た、PKSHAの「今」と「魅力」を聞きました。

「見晴らしの良い場所」を求めてPKSHAへ――

もっとみる
エンジニアリングマネージャーから見たPKSHAの魅力とチャレンジ

エンジニアリングマネージャーから見たPKSHAの魅力とチャレンジ

PKSHA Technology(以下、PKSHA)は事業におけるエンジニアの重要性が高く、エンジニアのスキルが発揮される場面の多い環境です。そういった環境下で、主にマネジメントの観点から事業推進を支えるエンジニアリングマネージャーの三好 良和に、現状のPKSHAの課題や、今後候補者に求めるスキルについて聞きました。

機械学習に感じた将来性と、それを実装できると思えたPKSHA―PKSHA Te

もっとみる
探究心を満たし続けられる環境で、プロダクトサクセスにこだわり続ける

探究心を満たし続けられる環境で、プロダクトサクセスにこだわり続ける

PKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は「未来のソフトウエアを形にする」をミッションに掲げ、PKSHA Workplaceという軸から新たなプロダクト開発と事業スケールに挑んでいます。PKSHA Workplaceの技術責任者である山本 健介に、その取り組みや組織マネジメントについて聞きました。

起業を経て、未踏の地を探索し続けるためにPKSHAへ――PKSHA Techno

もっとみる